睡眠方法で学校での効率が上がる

学校で集中できる睡眠

学習効率を上げる睡眠等の取り方

成績を向上させるにはどうしたらいいかという話があります。学校では勿論、塾や家でも一生懸命勉強なのは当たり前なのでしょうか。睡眠時間を削り夜遅くまで机に向かい、ボーと朝を迎える。そんな生活を小学生や中学生が毎日行い学力はつきません。それで受験を合格したとしても長くは続かないでしょう。「家では絶対に勉強させない。しっかり睡眠をとらせることが約束。」と、難関大学に兄弟(年子)そろって現役で合格させた父親が語ります。「そのかわり、学校では一言一句聞き落すことなく、頭に入っているようにしなさい。」と、続けました。学習効率を上げるための真理を突いた言葉です。また、兄弟そろっての大学合格という結果が証明していますね。

適度な運動

学習効率を上げる睡眠のとり方

睡眠不足になると学校で眠くなります。授業に支障が出ますし、家に帰ってからの勉強にも、みが入らなくなります。学習効率を上げるためには睡眠の取り方に気をつける必要があります。出来るだけ長い時間眠った方がいいですが、同じ時間眠るならば、早く寝て、早く起きた方が学習効率がいいものです。昼食後は学校にいても眠くなったりするので、お昼寝の時間を取っているところもあります。ほんの何分か仮眠しただけでも、頭のさえ具合は違うようです。どこでもやっているわけではありませんので、毎晩の眠りをしっかり早めに取るように心がけましょう。

↑PAGE TOP